莢隠元は中毒で中毒の女性の健康夏は野菜の禁忌を生で食べやすい

夏季の気温は高くて,人々の生の新鮮な野菜を生で食べるの愛だけでなく、食感倍良くないとなんだか高温で煮てパーマをかけた、ビタミンは破壊され,女性の健康、だから更に栄養はすべての野菜は生で食べられるよ!今日小編みんなと一緒に見てどれらの野菜、生で食べる.どれらの野菜を生で食べるのに適していない.一緒に見てみよう!

1、蓚酸の多い野菜

ホウレンソウ、ヨウサイ、たけのこ、マコモなどを含む蓚酸の多い野菜も、最高焯水除去ほとんど蓚酸後のサラダ.蓚酸は腸内とカルシウムを吸収しにくい酸カルシウムと結合し、カルシウムの吸収にも妨害されているからだ .

p2,サヤインゲンなど色々なササゲで中毒やすい

Pは莢隠元いんげん豆などと「食べてはならない.それはインゲン皮の皂素と豆の赤血球凝着素は胃腸の刺激が強い.皂素と呼ばれるサポニン、自身は1種の毒の卵白、インゲンの両端、莢糸と老インゲン毒素が多い.サヤインゲンササゲ時、熟すを加熱することができて熟すを破壊することができて、たとえ和え物、少なくとも熱湯で10分煮ます.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress