産後女性心理ケア

子どもが産まれたときは、「これからは毎日が幸せでいっぱいだわ!」と思っていた女性は多いではないでしょうか?しかし、いざ子育てが始まると悪戦苦闘の毎日です。幸せ気分どころか、ストレスで一杯です。放置しておくと、うつ病になります。調査によると、産後うつ病になった女性は少なくないです。ですから、産後女性心理ケアはすごく重要です。

どんな女性はうつ病になりやすいですか?早速チェックしてみましょう!
完璧主義な女性
人の機嫌が異常に気になる女性
パパに「お願い!」が言えない女性
母親が反面教師な女性
聖母願望がある女性

妊娠期のうつ病有病率は6.5~12.9%といわれていますから、8~12人に1人が経験していることになります。その中で、以上の特徴を持っている女性は一番多いです。

どうして産後は、うつ病を発症しやすい時期ですか?最近の研究でうつ病はある種のホルモンと密接に関連していることが判明しました。産後は、女性の生涯の中で最大の内分泌学的変化が最も急激に生じる時期です。母乳をつくりはじめたり、赤ちゃんのベットであった子宮が一気に収縮したりします。そして、生活面でも大きな変化が待っています。赤ちゃんの世話で睡眠が十分とれなかったり、外出もままならず、家で赤ちゃんと2人きりで過ごす時間が多くなったりしてします。その結果、うつ病になります。

産後うつ病の特徴的な症状
母親としての役割が果たせないと悩む
育児に自信がない
子供の将来を過度に心配する
育児に神経質になる
夫に愛情を感じない
子供がかわいく思えない
将来に対する希望がなくなる
育児を放棄する
いくつか思い当たる点があれば、病院へ行かれることをおすすめします。

☟ED治療薬