焦锦豪自宮崎女性の健康駿伝

作文網が無断転載特別大変

私の名前は焦锦豪

.今年の14歳、私の出生の遼寧省で錦州市.私の父さんと母さん干飲食業.私のお父さんは焦、母王.お父さんが私にはとても厳格で、私に毎日何週走って、家に帰って练習幅木.お父さんが私に体を大切にする、私は今このようないいまだ体のおかげで私のお父さんですね.

私の性格は活発で、私の趣味は電子オルガン、テコンドー、絵を描いたり、私のビジョンは、警察で、警察が人を助ける.社会人を助け、私は非常に同情して、ある日2008年5月12日に四川大地震の時に.私が見たのは俺と同い年の子供を失ったキャンパス、身内を失って、失った彼らの最も敬愛する先生.私は思わず涙を流した彼らは悲痛な.私はお父さん、私は四川の被災地に寄付.お父さんはとても私を支持して、私を手伝って被災地に寄付金を.彼らを聞いてもらったお金は、私はとても嬉しいです.しかしこの事はわかった、世の中を感じることが多いですか?幸いあなたは地震の被災地で、幸いあなたは生まれて生まれつき不具、幸いあなたは身内を失う.というのはありがたい.しかし私達はもっと助け不自由になって、家族を失った人々.彼らと改めて人の世の温もり.

p>私たち中国古来の「今、ずっとを払う.今私たちは愛であれらの寒さの人次暖かくなっただろう.

生きて盛んで、文明の国.私たちは誇りに思うので、私たちはよく勉強して、祖国のために尽力する.

 宮崎駿;

 宮崎駿;   宮崎駿;  宮崎駿;;;遼寧錦州古塔区錦州市第十二中学初一:焦锦豪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress