愛ならば、女性の健康言ってください

第1章

夢の春

救命!救命!

私努力の悪足掻きが始まらない.海は常に私をされても迷わず撲帰ってきて、まるで疲れを知らない.私と力尽き、私の口、鼻、耳の中にすべての海水冷咸.私が終わったら、私は縁由に落ち込む海は、無力の瀋下が、私の意識もはっきりした祈り:神様、助けてください派人だろう!

私は本能的にもがく腕だけ有力の大手にしがみついて、そして私の全体の人に案内され一つ暖かい懐.私を抱いてその親切な人にまさるの安全.私はよく彼をありがとう、私は思わず尋ねましたもう一つの問題:

あなたは誰ですか?

私はあなたの恋人!」低い声で

私から頭上をして、私の甘い眠りについた.

体の本能のけいれんして、私に目が覚めた.私はまず見るのは懸私の上方で板、そして実感私に横たわっている暖かいシングルベッドに---これは間違いなく、私のベッド.

窓際、カーテンを開けて、暖かい陽関を第一時間に.窓の外は一面のまばゆい鮮やかな緑:草地や枝、美しい日光に照らされては新しい枝がきれいで、鳥のチャープと言っている.春はとても美しい!

私から自分を嘲笑して、私はこんな夢を保持し、あまりに渇望は愛情ですか?それともこの春は私に対して何かをのろいますか?いずれにしても、私は一つの夢を念頭に置く.そして、私は確信し私は二度としたくないような夢は、私は一度もした同じ夢.

私の心境に窓を開けて、実感がこの春の魅力ですから、窓を開けて話題に目を覚まして大の1の部屋の人.

そろそろ起きましたか?私の親愛なるルームメートは問.

ので、私は笑顔で答え、早く起きて見て、誰が来ましたか

そして私が大声で暗記している朱自清の春は、ルームメイトは積極的に同調下から、楽しい一日.

図書管理初出会い

私が好きな学校の図書館で、たとえ私は本を借りて、時間を作って私もここに来てみて、私の心が安定しており、しかも好き人を探して少なく倉庫区、目を閉じて一人で本棚空廊にゆっくりと組んで、私は1本が聞こえる鼓動.

綺麗な声を破りの静けさ、女性の健康、

こんにちは、学友!

私は目が覚めて、迎えのペアに異常澄み切った瞳.私は決して私を思い付くは図書館で一位異性ナンパされ、その相手は日光ハンサム.こんにちは



私は最初の反応は彼の助けが必要---たとえばある本を探して、しかし私はやはり機械の答え、淡いマイクロ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress