女性の健康保護ために食事

女性は30代をすぎて、様々な体の症状が出てきました。20代の頃と比べて明らかに心身のパワーが衰えてきた……そう感じたら、そろそろ食生活を整えて健康的なカラダづくりましょう。

1日のカロリー摂取
厚生労働省が定める30~49歳女性の1日あたり基準摂取カロリーは1700~2300kcalです。 これを基準にあまり動かなかった日やアクティブに過ごした日など、その日の活動量によって1日の摂取カロリーを調整してください!

1日3食に食べる量
1日の摂取カロリーは、朝食で4割、昼食3割、夕食3割を摂取するのが理想です。活動的な日中に必要なエネルギーを朝食と昼食で摂取しよう。夕食は1日の栄養のバランスを補うイメージがあります。

栄養バランスの良い食事
1日の栄養バランスはおおよそ以下の割合で整っています。ごはん・パン・麺類などの主食が3割、野菜・きのこ・いも・海藻系などを使った味噌汁やサラダなどの副菜が3割、魚・肉・大豆・卵を使った主菜2割、残りの2割が乳製品と果物などを目安にメニューを考えてください!

基礎代謝をキープ
1日何もしなくても消費されるカロリー「基礎代謝」があります。成人で1200~1400kcalといわれているが、加齢により基礎代謝も衰えてきます。基礎代謝が減ると食事で得たエネルギーが余り、生活習慣病の原因にも関わります。筋肉量を増やすことで高められるため、適度な運動をして基礎代謝をキープできます。

いつまでも健康な女性でいて欲しい方は、 ぜひ自分の食生活を見直してください!食生活を乱れたらいろんな病気に招きますから、ぜひ注意ください!

シアリスで活力全開! | EDを治療する薬