女性の健康づくり-体を守るホルモン

病気によって女性と男性で罹りやすさや進行度の違いなど、性別を考慮した健康づくりの重要性が明らかになってきています。

女性の心身の健康は「女性ホルモン」と深くかかわっています。 女性ホルモンの分泌量は一生を通じて大きく変化します。体の仕組みをきちんと理解し、健康管理に役立てましょう。

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、脳からの指令で卵巣から分泌されます。

女性のライフステージは、このエストロゲンの量によって大きく変化します。エストロゲンは子宮に作用して受精卵のベッドになる子宮内膜を厚くする働きがありますが、ほかにも女性らしい体形をつくったり、心の安定を保ったりと幅広い役割を担って女性の心と体を守っています。

思春期になるとエストロゲンの分泌が増え、大人へと成長します。初潮を迎え、次第に性機能が成熟するとエストロゲンの分泌が安定し、妊娠や出産のための準備が整います。更年期になると、それまで心と体を守っていてくれたエストロゲンの分泌量は急速に減り、心身にさまざまな症状が現れるようになります。

女性は、40歳を過ぎた頃から卵巣の機能が低下し始め、 更年期という時期にさしかかると、その低下が急激になります。これに伴って、卵巣から分泌される女性ホルモンの一つであるエストロゲンが減少し、体の中のホルモンバランスが乱れます。ホルモンバランスが乱れると自律神経の調節が乱れて、ほてり・のぼせ・冷えなど、体にさまざまな不調が現れます。このような、ホルモンバランスの乱れによっておこる不調を更年期障害といいます。

だから、女性の健康づくりのために、体を守るホルモンが必要です。女性ホルモンのバランスが整っていると、生理が正しい周期できたり、水分量を増やし弾力性のある肌を保持、シミやニキビのない美肌、健康な強い髪、ふくよかな体などを手に入れることができます。

食生活でカボチャ、卵、大豆食品、キャベツ、ナッツ類など女性ホルモンを多く含んだ食品を摂取してください!バラの香りを嗅ぐ。バラの香りには、幸福感をもたらすホルモンであるドーパミンを放出させるといわれており、緊張とストレスを和らげる効果があります。また、女性ホルモンのバランスを整える作用があるといわれています。

手放せない媚薬|今まで感じたことのない刺激的な夜を!