夏の女性の健康終わり秋の終わり――妊娠する「天機」

夏の終わり、天気は涼しく、そのときに妊娠の花はたくさん:たくさん:

p> <いち.妊娠初期妊娠反応よんじゅう~ろくじゅう日に起きたとき、ちょうどって美味しいきゅう、く月あるいはじゅう月、妊婦が食欲が悪く、愛は偏食して,女性の健康、この時の野菜、果物の品種は非常に多く、調節の食欲を増進して、保障胎児栄養需要.

に.妊娠2、3ヶ月後、晩秋、涼しい気候、妊婦食欲渐增、胎児の発育は非常に有利である.この時日照、妊婦はよく日向ぼっこを体内に大量に、ビタミンDが、カルシウム、燐の吸収を助け、胎児の骨格の成長.

さん. 89月の間には夏から秋にかけて、妊婦暑さの影響を受けて夜間睡眠子供、妊婦の休み、栄養や各種ビタミンの摂取が十分に利益が胎児大脳の発育と生まれた後の知力の発展.

p>よんしよ.いたい<雪の多い冬と寒い初春を携えてインフルエンザ、風疹、流行性脳膜炎などのウイルスはようやく重い腰をあげて来た時、胎児の胎の齢を超えたさんヶ月、無事催奇形性感受期.

に相応する預定日は翌年5月前後とする.分娩の時は晩春初夏、花、気温は適して、母を哺乳、赤ちゃんは容易ではないが風邪を引いて、野菜,魚、卵など付きの供給も非常に豊富で、産婦食欲がよくて、乳の栄養も豊富べきは,"産褥期"の最優秀季節.

ろく.保証母乳品質とともに、生まれたて手ぶらで、着やすい四肢ない、自由に活動し、脳と体の発育に役立つ.

ななしち.子供満月後、季節は夏に、緑の芝生、空気は清新で、日光は十分に便利で、屋外日光浴と空気浴.

はち.子供半歳前後でちょうどある秋の十月、離乳食に増加がうまく避け夏小児腸炎などの腸の病気の流行シーズン.

きゅう、く.子供が勉強を歩いて、離乳食を始める歳は、また春夏の交際して、気候は温和で、生鮮食品は十分で、子供の生長の発育に有利な条件を提供した.そして、春夏と春夏、胃腸は適応、離乳も容易に成功.

以上、夏の終わり秋は一番適当な受胎の季節というべきだ.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress