あなたはどの女性の健康ように教える時間延長性交

あなたはどのように教える時間延長性交?医網要旨:夫婦生活の調和がとれていないよくある原因は男が射精が速すぎて、これは、女性の性欲をくわえない満たされて、日が経つにつれても現れて性冷淡、専門家に教えどう性交時間延長亀頭は男性の第一性敏感区.最終射精が亀頭を強く刺激(一般に圧迫)後に発生した.もし亀頭の敏感性を下げることができて、射精が延期されて.現をご紹介するいくつかの遅延射精時間の方法:1、気が散り法、性交が投入時、考えも集中し亀頭に.男性も女性のように自分の全ての体.この場合、他のものの内容と
.一時の衝動が緩和射精.性交時から男性は注意を集中してペニスを刺激した後に発生の感じて、もしもうすぐクライマックスに開いて立ち止まる暇を取りや、衝動を射精する緊張感から、この方法をとる時間延長でき性交、男性が自分でできなくて、さもなくば妻の影響感じる.2、動きが止まって法、射精緊迫感に、男性はペニス抽出または一時停止のようで低下性痙攣、緊張感、そしてまた場合によっては回復の痙攣、繰り返しのようなアクションが明らかに延長の性交の時間.3、ピンチ絞り法、射精緊迫感を陰莖の抽出は、男性や女性の人差し指と中指をペニス冠状溝に置いて、親指は対応部位、相対をつまんで押し合いをして、を性的興奮性の低下は、3~4秒ごとにつまんでリラックスして一度、こんなことを繰り返して.4、体位法を変えて、普通の情況の下で、立って、男に、背中入など体位も男性早期射精、横向き式、女に式、女性の健康、座って式性交時間を延長することができて、原因は男性側の力が少なく、筋弛緩、妻としても適当に協力しなければならない時.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress